怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[サーバ] Express5800サーバを購入 

仕事でも、プライベートでも様々なOSやアプリケーションを検証することがあります。
新しい技術を試すって楽しいですよね♪

そう何台ものマシンを用意することは現実的にできないので、普段は仮想環境を利用するのですが、やはり、実機でないと試せない場面も多々あります。

っということで、企業向けマシンの激安販売があるたびに迷っていたサーバをこの度購入しました。

仕事柄、こういうモノを見るのは珍しくありませんが、いざ、自宅に運ばれてくるとそのでかさに圧倒されます(^^;

CA390097.jpg

正直、なんだこれ…って感じですよね。
ちなみに横に置いてある小さな箱はメモリです。(無駄にでかい箱w)

NTT-X Storeなどで時々、常識はずれな値段で台数限定販売しています。
ちなみに今回のマシンスペックは以下のとおり。
Image 1


いまさら、シリアルポートが2つも付いているとか以下のもサーバっぽいですね。
その他にも80PLUSの電源を採用していたり、サーバマシンということでそこらの安いPCに比べると部品の品質や精度は段違いに高いはず。

CPUはPentiumDualCore G6950ということでLGA1156ソケットですから、他のCPUも使い回しできます。
今まで同ラインナップでCeleronを採用したマシンが多かったのですが、LGA775ではちょっとと思ってました。
LGA1156とはいえ、H55のチップセットを利用しているわけではなく、サーバ向けのチップセットですから、注意が必要です。

G6950って安いCPUなんであまり期待しておらず、載せ替えを前提にしてたんですけど、Windows7のエクスペリエンスインデックスでは6.5となかなかの数字を出すそうで、当面このままでもよいかなっと。

さて、いきなりですが、メーカー保証外のメモリー追加やクロックアップでもしていきますかね。
このために、4GB*4枚のDDR3メモリを調達してきました。メーカでは2GB*4が推奨されてます。
そもそも、仮想基板や64BitOSの負荷テストなどを行いたいのでメモリは潤沢にしないとね♪

CA390099.jpg

※SSDは安かったので購入。今回のサーバには使いません♪

あとは、常時稼動の騒音がないことをせつに祈るのみ…。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://nkanawa.blog102.fc2.com/tb.php/975-c16af364
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。