怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告 

みんさん、こんばんは。

せっかく、VailとAuroraのPublicPreviewが公開されたのに更新が思うように進まなくて申し訳ないです…orz
これでも一応インストールや基本機能の確認、検証環境の構築をすこーしずつしています(^^;

様々な話題をお伝えしていきたいのですが、イベントが重なり、この時期多忙で…。


ということで、ひとまず近況報告を…

◆第五回Kernel/Vm探検隊に行ってきた
kernelvm.png

Glendaかわいいよ、Glenda…



去る2010/08/22、神保町にあるIIJで「第五回Kernelvm探検隊」が開催されました。
僕はTwitter上でこの勉強会?を知り、前回の第四回から参加させていただいております。

※「Kernelvm探検隊ってなによ?」というかたはこちら

普段、WindowsHomeServerを話題の中心に据えているわけですが、仕事はUNIXどっぷりです。
この勉強会ではコンピュータのハードウェアに近い、俗に言う「低レイヤー」の話題です。
CPUの命令セットから、デバイスドライバ、Kernelと仮想化などなどアプリケーションとは程遠い話題が聞けます。
組み込み系の話題あり、ハードウェア開発の話題あり、もちろんプログラミングも話題ありでOSとしてはUNIX、BSD系OS、Linux、Plan9などが多く扱われ、実際にコミッタとしてな活動されているHacker達と触れ合える貴重な機会でしょう。

勉強会のあとは懇親会も行われ、幅広い業種の方々、大学や大学院で研究に従事されている方々も多く参加されます。
開催は不定期ですが、興味のある方はストリーミング配信も行っているので、サイトをご覧になってみてください♪
普段、使っていない部分の脳をマグニチュード8.0で揺さぶられることうけ合いですw
今回も濃い内容で技術的な話題は半分、理解できませんでした。復習が必要です(^^;
とても、楽しかったですよ。



◆新PC構築その後…

以前のエントリーで取り上げた新調したPCのその後についてです。
1.jpg
Aspire (AMDPhenoII X6 1055T/4G/500G/Sマルチ/APなし/W7HP64bit)

スペック表からだけではわからない部分にフォーカスしていきましょう。
ちなみに内部にアクセスするには保証を維持するための封印となるシールが貼られています。
コレを剥がさないとPC内部にはアクセス出来ません。保証はなくなりますのでご注意を!


・ハードディスクリカバリ

 スペック表ではリカバリDVDは付かず、HDDリカバリと表記されています。
 しかし、実際にはAcer謹製のアプリケーションによってリカバリDVDを作成することが出来ます。
 片面一層のDVDで4枚必要になり、3枚がOS、1枚がアプリケーションとドライバになります。

・消費電力
 ノーマルの状態でアイドル時40W程度、ベンチマークをぶん回しても150W程度で推移しました。
 なかなか優秀です。エンコードなどを行うと多少変わってくるでしょう。経過観察中。

・静音性
 これは特に素晴らしいですね。CPUファンは2000rpm前後、後部FANは1500rpm前後で回ってますが、
 非常に静かです。DVDドライブも高速回転による騒音は非常に少ないです。これは予想外。

・電源
 LITEONの300W電源です。正直多くはありませんね。このハードウェア構成だから許される選択。
 ビデオカードはATI RadeonHD5450が刺さってますので昨今のハイエンドに比べれば非常に
 消費電力は少ないですね。ビデオカードを換装するときは電源の交換も必要でしょう。

・HDD
 SeagateのBarracuda(7200rpm)の500GBが搭載されていました。静かですし、良い選択です。
 速度は一般的なHDDなので特筆するところはありません。
 →これはWD20EARS(667GBプラッタ)×2台に換装済み
  換装はSATAのケーブルが非常にタイトな形でしかさせず、厳しいですね。ケーブルによるかも。
  簡単アクセスの増設方法がかなり楽ちんです。今のところ僕は使ってませんが。

・Memory
 Samsungのチップが使われた2GBのモジュール2枚です。
 ちなみにスペック表では「最大8GB」と表記されていましたが、4GBを2枚追加して計12GBで問題なく動作
 今回は予算の関係で見合わせましたが、4GBを4枚で16GBまで行けるものと思われます。
 ※メーカーの保証対象外です!

・付属ソフト
 最近の国産PCに比べれば少ないほうだと思いますが、まだ、多いですね。
 Acerの提供するGameなどは特に必要性を感じません。
 DVDのライティングソフトやDVDビデオの再生ソフトはついてます。

・OS
 Windows7のHomePremium64Bitです。ここで32Bit版を安易に選択していないのは好感が持てる。
 デフォルト4GBのメモリもフル活用できますしね。

・キーボードとマウス
 個人の好みもありますので一概には言えないのですが、これが付属とは思えない質感です。
 廉価版のRealForce的なキータッチでとても気に入りました。マウスもシンプルで使いやすい。
 コレがワイアレスで販売されていたら、欲しいと思うほどです。予備品って入手できないかな。

【現在】
 ハードウェアはHDDを換装して、メモリを増設。
 ソフトウェアはリカバリDVDを作成したところです。

【今後】
 WHS、Linux関連の検証を行うためにハイパーバイザ型の仮想サーバを構築しています。
 現在はこのAcer独自のハードウェアで利用されているチップやコントローラと相性の良い基盤を
 数種類試しているところです。幸いMSDNなどが利用できますので、Windows2008R2でHyper-Vも…。

【現段階の雑感】
 これを7万円で買えるなんて素晴らしい。Geekな使い方をされる方、頻繁にハードウェアを
 入れ替える方には向きませんが、これは非常に素晴らしい製品だと思います。おすすめ!

この環境が整えば、複数のOSを同時に持てるのでいろんなことが試せるようになるなぁ…。
構築をしながら、後日、写真もアップできればと思います。

もうしばらくお待ち下さいな…よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

追伸:さて、本日から横浜でテクエドですねぇ…。フル参戦は出来なかったなぁ。残念。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://nkanawa.blog102.fc2.com/tb.php/852-7222d2c0
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。