怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[H34x] 新旧パフォーマンス比較(その1) 

今回は旧型のH340-S1改と新型H342-S5のCPUを
中心とした比較をしてみます♪





っと、その前に今回使用したマシンの注意点は以下のとおり。
H340-S1
 改造点:Memoryを1GB→2GBへ増強。ディスクを3つに増強済み

H342-S5
 改造点:なし。すべて出荷時と同じハードウェア構成




マシンのご紹介:
 こちらが新型になります。見てくれが変わらないが、Acerさんの自信作!

新型Aspire easyStore H342-S5



 こちらは旧型ながら36800円で2GBのメモリと1TB*3の大容量を確保することができます。
 バックアップやデータの保全中心でWHSをお使いになる方はこちらがお買い得かもっ。

旧型Aspire easyStore H340-S3



さて、今回のテストでは以下のプログラムを使用しました。

CPU-Z

CPU:
 単純にコアが増えるだけでなくBusスピードも変わってるんですね。キャッシュも「×2」となってる。
  
H340-S1
cpu_z_cpu340.jpg

H342-S5
cpu-z_D510.jpg

マザーボード:
 D510に変更になったため、対応したチップセットが必要になります。
 ICH9Rを使用してますね。
H340-S1
cpu_z_MB340.jpg

H342-S5
cpu-z_MB.jpg

メモリー:
 H340-S1は2GBに増強してます。
 H342-S5ではDDR3が利用されていますね。交換する際は気をつけたいところです。
 どうしよう、手持ちはDDR2しかない…。

7/26追記:DDR3で表示されていますが、装備できるのはDDR2-800であるとのご指摘をいただきました。
       手持ちでなんとかなりそうです。テストは後ほど…。

 ※岡部さん、ご指摘ありがとうございました!m(_ _)m

H340-S1
cpu_z_Mem340.jpg

H342-S5
cpu-z_Mem.jpg



さて、実際に性能差はどの程度かといいますと…
CrystalMark2004R3を利用してみました。

圧倒的な差です!
ほぼ、ダブルスコア…。これほど差がつくとはデュアルコアは伊達じゃないですね。

H340-S1
CrystalMark340_20100726010006.jpg


H342-S5
CrystalMark342.jpg


構成から、性能比較までしてみましたがいかがでしたでしょうか。
今回は単純にCPUを中心としたスピード比較ですが、この次はネットワーク越しの
転送速度を比較してみましょう。それこそ、WHSの真骨頂ですし。

あ、2GBのメモリに変更したH342も確かめたいですね。これは今後の課題とします。

では、今回はここまで!





コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://nkanawa.blog102.fc2.com/tb.php/813-fdc6b92d
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。