怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsServer2012essentialsにVVAULT4.0を入れてみた 

さて、突然サポート外のところから攻めるのは僕の人間性です(^_^;)

WindowsServer2012は今後、正式サポートがアナウンスされて(2012年11月中旬とのこと)おりますが、あえてEssentialsにインストールしてみます。
今回、利用したのBasicライセンス(無料版)です。
接続可能なストレージは2台まで、クラウドバックアップによるタイムマシンには対応していませんが、ライブバックアップではタイムマシン保存が可能です。

接続するストレージをもっと増やしたい、クラウドバックアップによるタイムマシンにも対応させたい場合、PersonalPlus(月額525円)のライセンスをお勧めします。(詳細はこちら)

※注意
 WSE2012eは現在、リリース候補版の公開であり、正式版ではありません。
 本記事においてレポートされた内容について、株式会社オレガ様は一切関係ございませんので
 お問い合わせなどはご遠慮いただきますようお願いを申し上げます。

 (ま、正式対応の要望を出すくらい…いいですよね(^_^;))

実際のインストールなんですが、いきなり怒られました。
out.jpg

「あー、そうだった。.net framework3.5SP1を利用していたんだった」と気づく…orz
そういえば、WSE2012eってこのあたりどうなってたんだっけ…クリーンインストールで導入されているのは4.5のため、手動で3.5SP1をインストールする必要があります。

ただし、ダウンロードしてきたパッケージをそのままインストールしようとしても、うまくいきません。
サーバマネージャーを起動して、「役割と機能の追加」メニューから、インストールします。

チェックを入れて…
yakuwari.jpg

よしよし、インストール中…
install-now.jpg

これで準備完了しました!
install-complete.jpg

改めて、VVAULT4.0をインストールしてみます。
インストーラーは正常に起動。
VVAULT-install.jpg

VVAULT-install2.jpg

ちゃんとインストールが完了しました。再起動が必要です。
VVAULT-install-comp.jpg

インストール後、通常であればスタートメニューからVVAULTのメニューを開けるのですが、現れません…。
サービスが正常に起動しているかどうかを確認してみました。

うんうん、動いてる。これならWebの管理画面も開けそう。
プロセス

IE10でセキュリティレベルを調整の上、「http://localhost:10001/VVAULTControl/」を指定するとログイン画面が表示されます。ログインも正常に行うことが出来ました。
web-control.jpg

機能検証やベンチマークも参考となるデータを取得しておきたいところですが、今日は遅いのでここまで!
まずは仮想ストレージの構築をしないと!

おまけ:
また、アドインとしてWHS2011向けがダウンロード可能です。
これも試してみましたが…

お?いけそう?
add-in行けそう?

とか思わせつつも、予想通りダメです(^_^;)
まぁ、ここは当たり前ですね。
できないね
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://nkanawa.blog102.fc2.com/tb.php/1025-d672921c
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。