怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RC111】解体してみましょう♪(その1) 

※注意
製品に対して解体、改造、それに類する行為を行った場合、適正にメーカーのサポートを受けられなくなる可能性がございます。
当ページに書かれていることを行なって、製品に損害が生じても、保証いたしかねますのでご了承ください。
また、紹介している内容は製品の製造プロセスにおけるロットなどの違いにより、異なることがございます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

引き続きまして、RC111-N12Fを解体して、中身を拝見しましょう(^O^)

H34xシリーズと同じく、まずは背面でネジを3つ外しましょう。
外枠がゴソッと取れます。




外装や機能は大きな違いを感じられないかもしれませんが、フタを開けると大きく違うことがわかります。

メモリースロットが2つになりました!
ただし、今回はデスクトップ用のメモリーを利用しておらず、ノートパソコン向けのSO-DIMMに変わりましたのでご注意を。
DDR3のSO-DIMMが1枚(2GB)搭載されています。


搭載しているメモリーはエルピーダ製のメモリでした。
公式には「MAX4GB」とされていますが、いくつまで積めるだろう…。
可能なら試したいが、手持ちのメモリーが無いので、お預けです…orz
IMG_3196エルピーダメモリ

そして、電源はLITEON製の80PLUS(Bronze)です。
高効率な省電力電源で静音性を保っています。
IMG_3191LITEON.jpg

ハードディスクは1TB搭載。Seagate社製の「ST31000528AS」です。


フロントパネルを外しましょう。
これもH34xと変わりません。後ろ側の爪を丁寧に外していきます。
パネルと本体の間にケーブルがありますのでご注意を!
これを損傷すると被害は甚大になります…。コネクタが硬いので外すのも注意してくださいね。





本日はここまで。
写真を見て「おっ?!」と思った方もいらっしゃるかと思いますw
それはまた次回に…。
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://nkanawa.blog102.fc2.com/tb.php/1015-7b197437
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。