怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WSE】リリース記念-サーバ再構築作業 

Windows Server 2012 Essentials がRTMを迎え、2012/11/1正式に販売ルートが確立されました。

さて、SBSe2011やWHS2011の正式後継OSとなるわけですが、価格帯はSBS寄りとなってしまったように思います。
いま、マイクロソフトが非常に力を入れているクラウドと上手に連携して、最小限の投資で高い効果を上げる。
10万円そこそこのお値段でここまで予め出来上がった状態で出荷されるOSはちょっと見当たりません。
素晴らしいパッケージングだと思います。

個人利用はWHSと比べて、かなり高いハードルが出来たのは、非常に残念ですが…。


ということで、自分のところでもWSEに合わせて、マシンの組み換えをしました。

使うのはこのマシン(NEC Express5800/S70 タイプRB )です。
IMAG0630.jpg

Image 1

このマシン、お値段の割には非常に非常に高性能で、メモリーとストレージを追加してやるだけで、かなり働いてくれます。
まぁ、せっかくですので、いくつかパーツを購入して、以下のように増強しました。

【強化ポイント】
 ・HDDベイ増設→ 5台(2.5inch + 3.5inch * 4)
 ・CPUをG6950 → Core i5-760(4core 2.8GHz)
 ・メモリ1GB → 16GB
 ・Video → nVIDIA GT610(1GB Mem)
 ・USB3.0増設 → 背面2ポート、前面2ポート
 ・HDD 250GB → 250GB(2.5inch) + 2TB(3.5inch) * 4


こんな感じで詰め込んでみました。


今回気に入っている一つがコレ。
IMAG0633.jpg

これだけで3.5inchと2.5inchのHDDが入り、USB3.0のインターフェイスを前面に引いてこられる。
もはや、衝動買いの領域。これに合わせて、4Portを備えるUSB3.0インターフェイスカードを買いました。



ビデオカードはCPU載せ替えの関係で仕方なく、装備。
1スロットで追加のデンゲンも必要なし。静音FANですし、何より安価w
IMAG0642.jpg

メモリーはもはや載せ過ぎです。
この半分の8GBだって、Hyper-Vなどで仮想マシン動かさないなら充分。

ハードディスクはOS領域で250GBを1台、2TBを4台搭載しています。
今回はお試しの意味もあるので、全く別々のメーカーやモデルの組み合わせで寄せ集めました(^_^;)


仮組みが終わったので、このあとWSEのインストール、セットアップ続けます。


【不満】
 G6950からCore i5-760にしたら、常時FAN全開でちょっとうるさい。


今日のところはこんなところで…。
スポンサーサイト
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。