怠惰を求め勤勉に行き着く...

某社ITエンジニアのひとりごと
 
 
Microsoft Translator
スポンサーサイト




最新記事
月別アーカイブ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8の憂鬱 

10/26にマイクロソフトから「Windows8」が発売されました。

皆様、もうお試しになりましたか?
僕自身も2台ほどWindows8に移行しております。

これまでの「スタートメニュー(ボタン)」がなくなり、「スタート画面」となりました。
OSのバージョンとしては6.1から6.2に変わったわけですが、インターフェースが大きく変更になったため、戸惑う方も多いでしょう。

個人的にはクラウドへの親和性を強め、使い勝手を向上させた素晴らしいOSだと思います。
ただし、これまでのハードウェアをそのままWindows8にするとタッチパネルなどがなく、せっかくの良さを引き出せないことも多いかと思います。OSのリリースに合わせてパソコンも気軽に買い換えられたら幸せなんですが…。

なかなかそうも行きませんよね。

そんな時には、これらの周辺機器を合わせると少し便利に使えるかもしれません♪



キーボードはチャームボタンがついているところがポイント。これ、便利です。

はぁ…。XPS12やVAIO Duo11が欲しいです…orz
スポンサーサイト

HP MicroServerばらしてみた。 

先月、世界のMS-MVPが一堂に会する「2011GlobalSummit」に参加してまいりました。

僕はWindowsHomeServerとSmallBusinessServerなどを開発しているチームでのセッション、ディスカッションに参加したわけですが、その時に「HP MicroServer」を検証用で無償で提供していただけました。

※条件:「必ず自分の家まで責任持って、持って帰れ」

これだけ守れば、MicroServerが手に入るわけです。(ちゃんと約束守りましたよ)
悩むべくもない。いただいてから持って帰る方法を考えようということで頂いてきましたよ。

「FRAGILE」シールを張ったものの、その場でゴロンと転がされましたよ。デルタ航空ェ…。
CA390170s.jpg

ちゃんと「NRT」のシールですよ。チームの数人でこれか抱えて歩いてたら、奇異な目で見られて当然。
CA390172.jpg


とりあえず、このままSBS2011EssentialsやWHS2011をインストールしても良かったのですが、ハードウェアとしてのMicroServerも楽しみたいということでまずはRemoteAccessCardをHPから購入しました。
これを利用すると、リモート端末からisoファイルなどを仮想的にドライブとして認識して、OSをインストール出来ます。
また、RAC単体で活動しているため、IPアドレスを振っておけば、リモートから電源の入り切りやら、JavaVMを利用したコンソール表示なども可能です。8000円でこれは素晴らしい♪

まずは全景。
CA390173.jpg

この機種は基本的にドライバー入らずで解体できます。
必要なのは前面のパネルを開いたときに、格納されているL字のレンチだけでバラバラにできます。
(シールで止まっている部分ですね。)
CA390178.jpg

光学ドライブの増設を行う場合は後ろのネジを緩めて、上部面をはずすだけ。
CA390179.jpg

上面のパネルを裏返したところ。
ドライブを増設する5inchベイの部分は鉄板をねじ取らないとダメです。
CA390180.jpg

ここが、ドライブを増設する部分ですね。必要な配線が来ています。
僕ならここには光学ドライブではなく、HDD入れますかね。OSのインストールくらいにしか使いませんし。
CA390181.jpg

前面のパネルが開けば、すぐに基盤にアクセスできるので、パネルについていたL字のレンチで外していきます。
ここを外した後は、マザーボードに接続された電源等の配線に機をつけつつ、前に引き出すだけ。
CA390183.jpg
CA390185.jpg

基盤を上から見たところ。向かって左が筐体前面になります。
MicroServerも、DataVaultも然りですが、HPのこういったサーバってハードウェアの設計がとても良く出来ていると思います。
CA390186.jpg

メモリーのスロットは2本分。出来れば、4GB*2を入れてあげたいですね。
僕は余り物の1GBを2本しか入れられませんが…orz
CA390188.jpg

RemoteAccessCardはこんな感じでささります。
これをいれてしまうと、筐体にあるD-Subから画面出力されなくなりますので注意。また、解像度もFullHDでの表示はできなくなってしまいます。代わりにRACのD-Sub端子に接続しましょう。また、Ethernetは本体1000Mですが、RACは100Mになります。別々にIPアドレスを振ってあげる必要があるわけですな。
CA390187.jpg

ハードウェアでのRAIDをサポートしているので、活用の幅が広がります。
また、前面パネルを開くだけで、HDDの増設などはWHSアプライアンスと同じくらい簡単です。
3万円ちょっとで購入できることを考えれば、とてもお買い得なサーバではないでしょうか?

[サーバ] Express5800サーバを購入 

仕事でも、プライベートでも様々なOSやアプリケーションを検証することがあります。
新しい技術を試すって楽しいですよね♪

そう何台ものマシンを用意することは現実的にできないので、普段は仮想環境を利用するのですが、やはり、実機でないと試せない場面も多々あります。

っということで、企業向けマシンの激安販売があるたびに迷っていたサーバをこの度購入しました。
続き →

HP Pavilion Notebook PC dv6i キャンペーン・モデル購入してみた。 

ノートパソコンを新調してみた!
諸般の事情により、嫁さんに新しいPCを買うことと相成りまして。
まぁ、まだ、到着してないんですけどね。はい。

日頃、お世話になっているHPさんでキャンペーンを張っていたので見てみると、激安なモデルが!



HP Pavilion Notebook PC dv6i キャンペーン・モデル(最短4営業日出荷)


キャンペーンモデルとはいえ、Core-i5搭載モデルで5万円台なんだから、スゲェ。
メモリも4GBでHDD320GB搭載、ソフトウェアも一式揃ってて、箱から出したらその場で使える。

すごい時代になったなぁ…。オレの分も買おうと思案中…。

パソコンを新調しました。6コア導入! 

使い古しのノートパソコン等をだましだまし使い続けてきました。

デスクトップにいたっては10年前の自作機でした。

そして、今日、僕はAcerさんの新製品を目にしてしまったのです…。

続き →
プロフィール

かなわなおみち(@nkanawa)

Author:かなわなおみち(@nkanawa)

ぼんやり系&ぽっちゃり系。すべての物理リソースを仮想化する感じのお仕事。もろい筋金入りのUNIX使いのはずがすっかり中間管理層に組み込まれて暗中模索。

Microsoft MVP for
Windows Home Server
(Jul '10 - Jun '13)


179_104_whs_dsp2.jpg

179_104_whs_sem2.jpg

カテゴリ
リンク
フィードメーター - 怠惰を求め勤勉に行き着く... あわせて読みたいブログパーツ
RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。